妻に送った結婚指輪

私は妻に送った結婚指輪はカルティエの指輪です。

 

昔ながら給料三か月分の指輪を贈りたかったのですが、
妻とジュエリーショップを伺った際、惚れこみました。

二十万ほどです。

 

一見シンプルなデザインのものも、実際に着けてみると、
手を美しく見せる絶妙なバランスや
着け心地のなめらかさに驚きました。

 

長い歴史を経て受け継がれてきた伝統が、
リング1本1本に息づいているのを感じました。

結婚指輪の基本は、夫婦のペアリングだと思います。

 

夫婦でしっかり話し合い、意見を合わせて選ぶのがいいと思います。

 

ジュエリーショップのアフターサービスのありなしを確認し忘れてしまい、
後々困るという話を聞いたことがあります。

 

結婚指輪選びで失敗しないコツは、
積極的に自分から事前にデザインを調べたり、
色々な人の意見を聞いたりすること。

 

もちろん数多くの候補を実際に試着してみることも大事です。

 

指輪の似合う美しい手と聞いて思い浮かぶの色が白くて、
指がほっそり長くてと多々あります。

 

でも手の形は人それぞれで思うようには変えられないものです。

そんななかで唯一、ある程度なら自分でコントロールできるのは、
指の太さだと思います。

 

手を握った感じだとか、あいまいにせずしっかり調べて選ぶと、
幸せな結婚生活にもつながると思います。

 

冠婚葬祭用の真珠として、親からいただきました。
必用かどうかについては、葬儀には必要だと思います。
皆さん礼装としてつけていますから。

当サイトは利用者の皆様に最適化したサービスを提供するために、Cookieの技術を利用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。