婚約指輪はダイヤの執着

婚約指輪の予算は60万でした

 

当時給料3ケ月分が相場でしたので

彼の給料が手取り20万前後でしたのでその金額が予算になりました

 

 

デザインもまだまだ立て爪デザインが多かったのですが

普段でも使うには楯詰めはちょっと仰々しすぎてなかなか使えないので

出来るだけシンプルなプラチナの台を探しました

 

 

特にブランドにはこだわらずあまり大きな石ではなくてもいいから

カラーやカットのグレードが高い選びました

 

 

店は親戚の人の紹介で価格は出来るだけ割引を効かせてくれるとの事で

石の大きさは0.56カラットでしたが質のいいものにしてもらえました

 

 

他の種類の石でもいいかとも思いましたが

誕生日が4月だったしやっぱり誕生石のダイヤモンドにしたい気持ちが

大きかったのでダイヤモンドに決めました

 

 

でもいざ結婚してみるとなかなか婚約指輪をつけて出かける機会もなくなり

家事をするにも邪魔になるのでほとんど使用する機会もなく

ケースに入れたままの状態になっています

 

 

ペンダントだったら普段も付けることが出来るし

今後婚約指輪の石を使って

ネックレスに作り替えようかと今検討中です

 

 

ただ息子の結婚が決まって相手の方が了解してくれれば

その石を使ってお嫁さんの気に入ったデザインに作り替えて

 

婚約指輪にしてもらえればもっと嬉しいかなとも思うので

作り替えてペンダントにするのはまだもう少し待つつもりです

当サイトは利用者の皆様に最適化したサービスを提供するために、Cookieの技術を利用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

宝石に関わる事20年以上。 日々知識を深め、ジュエリーについて掘り下げていく。 そして世の中に解り易くお伝えすることで 宝石に興味を持ってもらえたら嬉しいです。