ハワイアンジュエリーわがままオーダーが出来るお店

ハワイアンジュエリー わがまま叶えます。

 

 

根強い人気のハワイアンジュエリー。

 

しかし結婚指輪には残念ながら諦める方が多い傾向にあります。

 

 

それはなぜかというと、3つの原因が考えられます。

 

 

まず、ひとつ目は、ハワイアンジュエリーを作れる職人さんが少ないこと。

 

お店に ハワイアンジュエリーが置いてあることも少なく、

かといってオーダーメイドで作るにも、オーダーを受けてくれる

お店が日本では少ないので困難であることが考えられます。

 

海外でオーダーする、という方法も考えられますが、

言葉や距離の問題で、簡単とは言えません。

 

 

そして2つ目に考えられるのは、素材。

 

ハワイアンジュエリーは主に素材が「シルバー」で作られています。

シルバーは非常に硬い性質をしていますので、

ハワイアンジュエリー独特の模様を入れやすいのです。

 

14金ホワイトゴールドで作ってくれるところもありますが、

製作工程に向いているのは「硬い金属」なんですね。

 

そこで問題が生じるのは

日本の結婚指輪では変色もせず、長く使えるプラチナを選ぶ」

というのが一般的なのです。

 

14金と聞くと 

変色や購入後のメンテナンスを気にされ、

それだけで諦める方もいらっしゃいます。
プラチナの金属の特性は伸びやか。

つまりハワイアンジュエリーの製作にはプラチナは向かないのです。

*現在では「硬さ」の調節が出来るお店があります。下記参照。

 

しかし、それでも「作ろう!」となった時、

シルバーの物を、プラチナで作るということは

値段はどうしても高くなってしまうことも問題になっています。

 

シルバーよりずっと希少な金属がプラチナなのでしかたがないですね。

 

 

 

ハワイアンジュエリーは

全周に火や水の自然や愛などの気持ちを表す模様が刻まれます。

 

全周に波や葉っぱの模様が入るため、指輪の幅がすこし広くなることが多く、

その分金属の使用量も増えるので、価格が上がるのはしかたがありません。

 

職人と素材と価格。

これらが原因になっているのではないかと考えられます。

 

 

それでもやっぱりハワイアンジュエリーがいい。

そんな方におススメなのはこちらのお店。



こちらではジュエリーのデザイナーから職人が常駐していますので、

素材はプラチナがいい。だけど値段を抑えたい。
など わがままかしら?と思うようなことも相談出来ます。

 

ハードプラチナを用いたり、割り金で調整したり、グラム数を増減したり・・・。

 

ハワイアンジュエリーに限らずとも

わがままオーダーが可能な、貴重なお店だと思います。

 

 

お店のコンセプトも、造りも随所まで夢のある店舗で

永い時を共にする指輪を作れたら・・・・・・

それだけでも幸せですよね。

 

 

ハワイアンジュエリーがお好きな方も、

ハワイアンジュエリーには興味が無くても、

「ジュエリーを選ぶ」機会には是非一度行ってみて欲しいお店です。

 

お近くの店舗を探す&ご予約はこちらです。

  ↓↓↓ 画像をクリック ↓↓↓