ブルガリとカルティエとティファニーブランド比較!結婚指輪を比較しました!

結婚指輪はブルガリ、ブランドを比較

結婚することが決まり、すぐに主人とブルガリとカルティエとティファニーに結婚指輪を選びに行きました。


婚約指輪はどうするか聞かれましたが、私はそのお金があったら挙式や新婚旅行に充てたいのでいらないと答えたところ、じゃあ結婚指輪の予算を少しだけ上げようと言ってくれて当初は私がはめる指輪で20万と決めました。


特にブランドにこだわりはなかったので、カルティエティファニー4℃など有名どころを次々と見て回り、なかなかピンとくるものがなかった記憶があります。

 

可愛いな、と思ったものは大体が予算オーバーで、店員さんに予算を伝えてそれに合った指輪を出してもらっていました。


デザインもこだわりはなく、とりあえず結婚指輪は毎日つけるイメージがあったので、ダイヤなどの石が派手についているものだと普段の生活で引っかかったりと支障がありそうなので避けるように考えてはいました。


しかし、何気なく入ったブルガリで、店員さんに予算を伝えて出してもらった指輪の中に、もの凄くどハマりしたものがありました。

 

それが今の結婚指輪です。


予算は結構越えて35万弱だったでしょうか。
主人も私がその指輪をつけたときにピンときたらしく、2人ですぐにコレにしよう!となったのを覚えています。


古い言い方だけど、ビビビッてこういうものなのか!と思いました。
全面に小さいダイヤが入って(*パヴェと言います。)いますが、滑らかに加工してあり引っかかることはなさそうなのと、何より曲線のラインが指を綺麗に見せてくれるのが素敵です。
指輪を購入してもう3年程たちますが大切にしていて、ついつい汚したくなくて家にいるときは外しています。

 

真珠についての「常識」は?

冠婚葬祭用に、と真珠の指輪やネックレス、イヤリングを元々持っていました。

一式つけても違和感はないと思います。

 やはり真珠は礼装。
女性のたしなみ。
まわりの方達も真珠を揃えていらっしゃいますものね。